ページ内を移動するためのリンクです。

公園施設、遊具、砂漠緑化、磯焼け対策、藻場再生、酸性土壌の緑化

現在表示しているページの位置です。
  • HOME
  • 植木生産事業について

植木生産事業

植木生産事業について

タイキでは大阪府南河内郡太子町に、自社植木農場を保有し、樹木の栽培を行っています。 公園樹、街路樹、公害防止分離樹、工場緑化樹の栽培をはじめ、苗木育成から完成樹まで 栽培、育成し、出荷しています。

植木生産事業イメージ

● 栽培面積:40ヘクタール
● 樹種:180余種
● 樹数:100余万本

タイキ農場

タイキ農場では、いろいろな樹木を栽培しています。公園樹、街路樹、公害防止分離帯樹、工場緑化樹など、年間を通して多くの樹木を出荷に向け、栽培、育成しています。

緑のリサイクル

タイキでは「みどりの資源化」として、農場からでる剪定枝を廃棄物としてではなく、有効な有機質資源として捉え、これらを堆肥化し、その生産された堆肥を農場内で再利用する事によって、ごみの減量・省資源化とともに、資源を循環してゆく社会の実現に向けて取り組んでいます。剪定枝は破砕機によって、1cm~3cm程度の大きさになり、堆肥や敷き藁がわりに利用しています。